DSC_0515
艦隊これくしょん ‐艦これ‐ 鶴翼の絆 (6) (ファンタジア文庫)
発売日:2016/03/19
価格:648円

概要
海の彼方の仲間を救うため、第十一号作戦が発令された。
しかしそれは更なる死闘の幕開けに過ぎなかった。
かつてない激戦の中、瑞鶴と翔鶴の関係にも変化が訪れる。
激動する状況の中で、二人が見た未来とは……!?


特典情報
とらのあな B5耐水ポスター
200011625285-1p

ゲーマーズ オリジナルイラストカード

kankore6

アニメイト アニメイトブックトレーディングカード



DSC_0516
表紙裏面あらすじ


DSC_0513

今回管理人はとらのあなの耐水B5ポスターを貰ってみました
カラーページ2~3p目のイラストと同様です
瑞鶴はカラーページTOP担当となっています


DSC_0517

カラーページ4p目は大和


DSC_0522
もくじ

6巻は3章構成+エピローグの全287pです


DSC_0520

飛び立つ烈風隊をうっとり見つめる葛城と瑞鶴


DSC_0518

頬を赤く染める加賀さんとにこにこな赤城さん


DSC_0521

胸に手を当てる榛名


管理人雑感
鶴翼の絆の最終巻となる第6巻では、2015年春イベントから2015年夏イベントを含んだ巻となっています
5巻が2015年冬イベントから2015年春イベント直前だったので時系列も艦これ内と同様に進んでいます

5巻での気になるエピローグから迎える6巻でしたが、プロローグから熱い展開で始まります
今回もネタバレしない方向性ですが、5巻から続けて読んだ方が更に面白いと思います

管理人的にシリーズ通してすごく良かった部分は、やっぱり泥臭い潜水艦娘の活躍だと思います
あの子達の前線での諜報活動や陽動作戦があったからこそ主力艦隊が輝けるんだなぁと
胸が熱くなる展開が沢山楽しめました
あとは瑞鶴翔鶴姉妹を語る上で欠かせない航空母艦全員の存在も良かったです
比較的最近実装された葛城もいい仕事してました



深海棲艦との戦いはもうちっとだけ続くんじゃ・・・