197: 名無しさん@おーぷん 21/02/23(火)11:01:58 ID:KF.4f.L25
誰か古めの文章読める人居ねぇかなここ
家整理してたら古文ってほどじゃないけど
幕末とか明治はじめあたりの文章の日記だか航海日誌だか出てきたんだよね
だが読めん

201: 名無しさん@おーぷん 21/02/23(火)11:02:44 ID:k6.4f.L19
>>197
とりあえず晒せば誰か読んでくれるさ(他力本願)

207: 名無しさん@おーぷん 21/02/23(火)11:03:20 ID:S4.3i.L10
>>201
達筆でも悪筆でも読めない不具合

209: 名無しさん@おーぷん 21/02/23(火)11:03:29 ID:KF.4f.L25
>>201
草w
まぁすぐ晒すのは難しんだよね、多分どこに名前書いてあると思うしちょい精査せんと

211: 名無しさん@おーぷん 21/02/23(火)11:03:49 ID:KF.4f.L25
>>209
ご先祖の名前だな

216: 名無しさん@おーぷん 21/02/23(火)11:04:31 ID:S4.3i.L10
>>209
書道の教本見たら達筆なら読める可能性あるんじゃね?

222: 名無しさん@おーぷん 21/02/23(火)11:05:16 ID:KF.4f.L25
>>216
あぁ書道の教本かそれは盲点だったな

342: 名無しさん@おーぷん 21/02/23(火)11:16:26 ID:S4.3i.L10
349: 名無しさん@おーぷん 21/02/23(火)11:17:03 ID:KF.4f.L25
>>342
はえー便利そう、だけどアンドロイドだなぁ俺

371: 名無しさん@おーぷん 21/02/23(火)11:19:00 ID:S4.3i.L10

376: 名無しさん@おーぷん 21/02/23(火)11:19:17 ID:KF.4f.L25
>>357
やっぱ海外に行ったのては間違いなさそうか
>>371
やっふぅ!入れてくる

387: 名無しさん@おーぷん 21/02/23(火)11:20:26 ID:CG.tb.L14
>>349
ガチるなら、大学の先生とかに問い合わせたら?
史料価値があるか知らんが、学生の研究の種くらいにはなるんでない?

400: 名無しさん@おーぷん 21/02/23(火)11:21:33 ID:KF.4f.L25
>>387
やっぱそうなるよな、うちに置いといても意味ないし管理とかも怖いしね
住んでるところに寄贈とかも考えてんだけどそれほどの価値あるかもわらんしね

205: 名無しさん@おーぷん 21/02/23(火)11:03:02 ID:dB.tb.L16
>>197
ここなら何人かいるかもしれんから、とりあえずアップしろ

278: 名無しさん@おーぷん 21/02/23(火)11:09:45 ID:KF.4f.L25
試しに一枚取ってきたさぁ読め!精査してねぇから名前あったら黙っててくれよな!
no title

282: 名無しさん@おーぷん 21/02/23(火)11:10:25 ID:8A.pw.L33
>>278
よめない!

291: 名無しさん@おーぷん 21/02/23(火)11:10:57 ID:KF.4f.L25
>>282
こんなのが箱いっぱいに有ってツレぇわ!

287: 名無しさん@おーぷん 21/02/23(火)11:10:46 ID:6d.zy.L13
>>278
首折れたぞ

293: 名無しさん@おーぷん 21/02/23(火)11:11:19 ID:4Y.pw.L38
>>287
お前首だけ飛ぶとかできないのかよ

288: 名無しさん@おーぷん 21/02/23(火)11:10:48 ID:Fc.lv.L1
>>278
せめて画像の向き変えて

296: 名無しさん@おーぷん 21/02/23(火)11:11:35 ID:P2.q6.L22
>>278
奉行まで読んだ

303: 名無しさん@おーぷん 21/02/23(火)11:12:02 ID:4Y.pw.L38
>>296
奉行ってことはあれ五等分の花嫁なのか

302: 名無しさん@おーぷん 21/02/23(火)11:11:57 ID:EI.6h.L18
>>278
ねえ、なんか最初のほう「西洋千八百六十(?)年」って書いてあるように見えるけど、いつの時代のものなんで…?

318: 名無しさん@おーぷん 21/02/23(火)11:13:12 ID:KF.4f.L25
>>302
書いたと思われるご先祖は明治はじめの海外交流とか言うか視察の初期のグループに居た
と言われてる家では。だからその時の航海日誌の可能性が有るとされている書類や

305: 名無しさん@おーぷん 21/02/23(火)11:12:14 ID:dB.tb.L16
>>278
186?年って書いてあるな。結構古い
あと画像大きくして向き変えて

323: 名無しさん@おーぷん 21/02/23(火)11:13:38 ID:KF.4f.L25
向き変えたゾイ
no title

328: 名無しさん@おーぷん 21/02/23(火)11:14:30 ID:1x.sl.L4
>>323
安政7年だけわかったわ

331: 名無しさん@おーぷん 21/02/23(火)11:14:33 ID:dB.tb.L16
>>323
安政七年五月十八日かグット読みやすくなった

336: 名無しさん@おーぷん 21/02/23(火)11:15:43 ID:CG.tb.L14
>>323
アメリカ行ったのか?全く分からんが

340: 名無しさん@おーぷん 21/02/23(火)11:16:12 ID:EI.6h.L18
>>323
どうにかこうにかこの日に「K.Y.さん(たぶん)」が合流したらしいってのはわかった

344: 名無しさん@おーぷん 21/02/23(火)11:16:46 ID:6w.sl.L30
>>323
フウト?ってなんでちかね

353: 名無しさん@おーぷん 21/02/23(火)11:17:17 ID:LL.6h.L21
>>344
まさか仮面ライダーがこの時代に・・・

355: 名無しさん@おーぷん 21/02/23(火)11:17:29 ID:NU.tb.L50
>>344
フィートのことかな?

369: 名無しさん@おーぷん 21/02/23(火)11:18:53 ID:6w.sl.L30
>>355
直前に数字ついてるから何かの単位ではありそう

391: 名無しさん@おーぷん 21/02/23(火)11:20:58 ID:EI.6h.L18
>>355
ただフィートだとすると直後の「十七間半」とは一致しないんだよな
まあ俺の読み間違い説もあるけど

481: 名無しさん@おーぷん 21/02/23(火)11:26:22 ID:dB.tb.L16
>>391
「フウト」ハ一尺六厘って書いてないか?それだと計算合いそうだが

348: 名無しさん@おーぷん 21/02/23(火)11:16:56 ID:P2.q6.L22
>>323
「フウト」って文字は読める

367: 名無しさん@おーぷん 21/02/23(火)11:18:39 ID:Fc.lv.L1
>>348
恐らくフィートのことじゃないかな?

337: 名無しさん@おーぷん 21/02/23(火)11:15:50 ID:6w.sl.L30
古い書物と聞くと釣神様を思いだす

395: 名無しさん@おーぷん 21/02/23(火)11:21:16 ID:1x.sl.L4
米国に渡ったというよりも品川港にいる北亜墨利加の軍艦にいる大使か誰かと条約の交渉にあたった奉行か誰かの手記なんかなこれ

432: 名無しさん@おーぷん 21/02/23(火)11:23:17 ID:EI.6h.L18
>>395
ああなるほど、1行目の固有名詞っぽいのは「北亜墨利加」だったか
てっきりK.Y.さんっていう人名かと

473: 名無しさん@おーぷん 21/02/23(火)11:25:54 ID:KF.4f.L25
>>446
>>395さんみたいに割と核心ついてそうな話も聞けて嬉しいわ
ちょっと本格的に精査して晒してみっかなぁ、ページ数見ると億劫だけど

478: 名無しさん@おーぷん 21/02/23(火)11:26:08 ID:dq.tv.L12
no title

奉行への日誌報告

北アメリカに向かってます
途中で合流しました
軍艦ホウメイト?です
でっかいねと言うと
2028フィートだよと船長が教えてくれました
フィートってなんや?と聞くと
八面尺の??二十ミリ?だそうです
あと5寸口径の大砲がありました
機銃?は九寸二分でいっぱい
あとボートとかいろいろ積んで
出力は馬にすると8000馬力で
重さは2000?と80トンだそうです

488: 名無しさん@おーぷん 21/02/23(火)11:26:31 ID:KF.4f.L25
>>478
天才!

489: 名無しさん@おーぷん 21/02/23(火)11:26:42 ID:Vg.xl.L14
>>478
おおすげー

495: 名無しさん@おーぷん 21/02/23(火)11:27:04 ID:2g.6h.L30
>>478
すごいな!

496: 名無しさん@おーぷん 21/02/23(火)11:27:06 ID:EI.6h.L18
>>478
あんた天才かよ
それとポーハタンって船普通にあったわ
ポーハタン (蒸気フリゲート) - wikipedia -

509: ■忍【LV7,ごうけつぐま,VF】 21/02/23(火)11:28:16 ID:Gg.tb.L7
>>496
吉田松陰が乗り込んだ船なのか

498: 名無しさん@おーぷん 21/02/23(火)11:27:16 ID:4Y.pw.L38
>>478
天才か?語感からまさかのホーネット?

499: 名無しさん@おーぷん 21/02/23(火)11:27:25 ID:6w.sl.L30
>>478
これは天才

502: 名無しさん@おーぷん 21/02/23(火)11:27:31 ID:dB.tb.L16
>>478
安政七年に外交使節団がポーハタン号で横浜を出港しているからそれかな。スゲえ資料じゃないか

505: 名無しさん@おーぷん 21/02/23(火)11:27:40 ID:xs.h5.L28
>>478
流石おーぷん民。
何でもできるな

516: 名無しさん@おーぷん 21/02/23(火)11:28:36 ID:dB.tb.L16
>>478
専門家の方でいらっしゃいますか?

520: 名無しさん@おーぷん 21/02/23(火)11:29:02 ID:Fc.lv.L1
>>478
やっぱり知識変態がいるスレだな

546: 名無しさん@おーぷん 21/02/23(火)11:30:57 ID:RW.lv.L44
1860年2月13日(安政7年1月22日)、ポーハタンは正使の新見正興、副使の村垣範正、監察の小栗忠順らを含む日本使節団77人を乗せ横浜を出港した。
同じく米国に向かった咸臨丸は2月9日(安政7年1月18日)に横浜を出港している。
途中激しい嵐に遭遇し、石炭を使いすぎたため、補給のためにホノルルに寄港。サンフランシスコには米国に直行した咸臨丸より遅れて、3月28日に到着した

ここのへんの手記のかな

562: 名無しさん@おーぷん 21/02/23(火)11:32:07 ID:jO.zj.L1
>>546
裏まで取れたか。すげーな

563: 名無しさん@おーぷん 21/02/23(火)11:32:07 ID:CG.tb.L14
>>546
おおー、ほんまもんなら楽しいね

580: 名無しさん@おーぷん 21/02/23(火)11:33:51 ID:P2.q6.L22
>>546
でももしかしたらその時のことを題材にした空想小説かもしれないでち
とりあえずワイらじゃそこらへんは判断できないからしかるべき研究機関に持って行くことをお勧めするでち

596: 名無しさん@おーぷん 21/02/23(火)11:35:07 ID:CG.tb.L14
>>580
おーぷん先祖の妄想だったら草だわ

613: 名無しさん@おーぷん 21/02/23(火)11:36:34 ID:2g.6h.L30
>>596
先祖「子孫がワイが書いたSSを大学に持ち込みやがった」

619: 名無しさん@おーぷん 21/02/23(火)11:37:03 ID:4Y.pw.L38
>>613
先祖「あっヤバイなんか近隣の大学に共有され始めた」

627: 名無しさん@おーぷん 21/02/23(火)11:37:52 ID:Vg.xl.L14
>>619
いうてその時代の庶民の文化を知る資料になるんやからしゃーないやろ


とても興味深いものですね!
古い物なのでしっかり専門家に鑑定などしてもらってさらに何かわかると良いですな~

引用元:https://uni.open2ch.net/test/read.cgi/gameswf/1614043607/