検証が進み攻略の方向性が定まってきましたが試行回数が不十分な為
まだ正確なデータではないことを予めお詫び申し上げます
こちらは7海域目の2段階目撃破ゲージ用のまとめ記事です

3cce68e6eb9a0be65953c84375481b4e

攻略検証記事移動用
E1-1 / E1-2 / E2-1 / E2-2 / E3ルート追加 / E3攻略
E4攻略総合 / E4-1 / E4-2ルート追加 / E4-2 / E4-3ルート追加 / E4-3 / E4-3装甲破砕


今回も沢山の有用な情報を参加型記事の方にコメントしていただきました
管理人が検証した範囲以外の拾えてない攻略ネタもまだまだありましたので
こちらにリンクを残しておきます>E7攻略総合



以下の攻略内容は基本的には作戦難易度「甲」の情報です
海域突破報酬などの共有可能な情報は全て併記致します
敵編成などはE7攻略総合にて

e59d90ffdc201e4b0403430d7de25ab7


E7-2オススメ編成について
特効艦を可能な限り採用する前提とすると攻略用の編成は調整幅が少ない海域です
E7-2はラストのE7-3と同様の機動部隊で攻略するので、艦娘の温存が必要ないのも大きいですね
ゲージ削り時は多少道中対策しつつ、ゲージ破壊時はボス編成撃破に特化させます

調整ポイント1つ目は、ボスマスでの制空を優勢にするか確保まで持っていくかです
優勢調整の場合は機動部隊ということもありそこまで難しくありません
その際、攻撃用の艦載機を空母の装備スロットに増やすことになりますが
道中~ボス艦隊による損耗を受けるのでボーキサイトが大量に減ります
また敵空母の攻撃用艦載機を完全に枯らすのが確保に比べ難しいです

制空確保調整の場合は、艦戦と水戦を大量に持ち込む必要があります
その関係で全体の攻撃力が制空優勢に比べて多少なり落ちます
しかし、その分艦載機の損耗を抑えられるのでボーキサイトが温存できるだけでなく
完全に艦載機が枯らされて攻撃手数が減るといった状態を回避しやすくなります
また対空カットインと合わせて敵空母を棒立ちにさせる確率も上がります

知ってる提督は多いと思われますが航空戦における細かい数値は短いですが以下に閉まっておきます

優勢と確保で変わる数値とその影響について制空優勢
自軍被迎撃割合:20/256~45/256
敵機迎撃割合:0%~80%

制空確保
自軍被迎撃割合:7/256~15/256
敵機迎撃割合:0%~100%

制空確保することで自軍被迎撃割合が減るので、艦載機損耗が減り
敵機迎撃割合が増えるので敵空母を棒立ちにさせる確率が実質的に増えます

※クリックで開かれます

管理人的にはボス艦隊の空母が棒立ちになるとかなり大きいので制空確保がオススメです


調整ポイント2つ目はどの戦艦を採用するかです
選択肢としては特効持ちの金剛型とSouthDakota、制空役として非常に優秀な伊勢型です
これらも制空をどのように揃えるかに応じて採用を決めましょう



オススメ編成
最短ルート 第二撃破ゲージ
進軍ルート:D>H>V>V1>V3>V4>ボス
第一:高速戦艦0~2隻+空母系2隻+重巡系or軽巡1~3隻+水母0~1隻+駆逐艦0~1隻
第二:軽巡1隻+高速戦艦0~2隻+重巡系0~1隻+駆逐艦3~4隻

高速統一+空母系2隻+戦艦2隻+駆逐艦4隻で最短へ



装備例
※改修が進んでいる装備や上位装備などを持っている場合は是非採用してください

2
第一艦隊 ゲージ削り用 編成例

高速統一が必須なので制空役の伊勢は高速化します
また、射程が伸びないようにしっかり艦戦のみのキャリアーとして採用します
特効持ちの空母2隻は彗星二二型で射程長に伸ばすのも忘れないようにしましょう
ゲージ削りの間は第二艦隊に戦艦を採用する方が道中対策となります
また航空攻撃が最大となるように観測機の枠は水偵11型(熟練)で触接を狙いたいところです
制空のお話は細かいので後述します


1
第二艦隊 ゲージ削り用 編成例

第二艦隊はゲージ削り時でも高耐久の敵艦隊が残りやすいので
連撃よりか雷撃カットインがオススメです
潜水艦マスのVマス対策で先制対潜艦を1隻採用がオススメです
基地航空隊と合わせてしっかり対策しましょう

対空性能を考えるとAtlantaは第一艦隊採用もありです(連合艦隊の補正が第一0.72、第二0.48なので)
その場合は夜戦用装備枠を確保しやすい4スロ軽巡のGotlandなどを
第二艦隊に採用すると良いと思います

また第二艦隊で比叡丙+霧島による僚艦突撃を採用する場合はゲージ削り時がオススメです
この場合は第一艦隊の伊勢を利根筑摩などの航巡に変更して制空調整しましょう


screenshot_20200817_193434

ゲージ削り時の基地航空隊は1枠東海隊を作成し、潜水艦マスVマスの対策がオススメです
残りは陸偵+陸戦+陸攻2で劣勢調整になるよう編成してボスマスに送りましょう
第二艦隊の駆逐艦対策で陸偵+銀河という組み合わせがオススメです


screenshot_20200817_190831

基地航空隊2枠をボスマスに送った場合制空確保にはこのぐらい艦載機が必要です
水戦が上位だったり改修済だったりすると結構調整が楽になります
天山村田は必ず最大スロットに採用しましょう



440aa940932669b80fb45bb0e3a650bcのコピー
第一艦隊 ゲージ破壊用 編成例

ゲージ破壊時は夜戦時に火力が出る比叡丙を採用する場合以外は
第一艦隊に戦艦を集めるのが無難です
必要制空値に気をつけつつ艦載機を採用しましょう
制空のお話は細かいので後述します


b40e68883111849512c311c96c44d560のコピー
第二艦隊 ゲージ破壊用 編成例

ゲージ割り時も潜水艦マスVマスは1隻対策しておくのが
道中撤退率を少しでも抑えられるので無難だと思います
Vマスでは単横陣と梯形陣の2択なので、単横陣のみスルー通過を狙う場合は
対潜艦をなしにしてしまうというのも手です

screenshot_20200817_193254

ゲージ破壊時はすべての基地航空隊をボスに出撃させます
制空値が上昇しているのでしっかり劣勢調整になるよう陸戦枠を調整しましょう
こちらも第二艦隊駆逐艦対策で陸偵+銀河になるようにしておきましょう


screenshot_20200817_192807

基地航空隊をすべてボスに送り込んだ分、ボスマスでの制空確保がやりやすくなっています
足りない分の制空値は上位艦戦や上位水戦で補いましょう



screenshot_20200817_195321

伊勢を採用しないパターンでは基地航空隊の3つ目を拮抗調整するのが色々と楽です
上位陸戦を使うことになりますが、その分本隊の装備が


screenshot_20200817_195329

こんな感じでそこまで上位水戦ではなくともなんとか満たせるようになります
こうして比べると伊勢による艦戦キャリアーの優秀さがわかりやすいですね




資源が枯渇してしまって検証が甘く、また記事公開が遅れてしまいました
攻略用編成が分かるように重視した記事となっています

管理人的には検証不足も否めないですが、それでも制空優勢よりか
棒立ちも狙える制空確保を特にオススメしたい海域でした


攻略検証記事移動用
E1-1 / E1-2 / E2-1 / E2-2 / E3ルート追加 / E3攻略
E4攻略総合 / E4-1 / E4-2ルート追加 / E4-2 / E4-3ルート追加 / E4-3 / E4-3装甲破砕