567: 名無しさん@おーぷん 2018/02/13(火)12:01:53 ID:ofx
パラワン海道突入ミス

本隊は期日内に突入でき、敵制空圏にギリギリまで近づける
パラワン水道を通過する第二航路を選択

(進撃航路は4つの案があり、大きく迂回する第一航路は期日通りに突入することが不可能
第三航路は第二航路よりも敵制空圏に早く侵入し、敵に発見されるのが早まる可能性が高い
パラワン水道を抜けてシブヤン海に接近する案は距離は最短だが敵潜水艦と会敵する危険が大きく最も早くに敵制空圏に入ってしまうので
大部隊だと早期に発見される可能性が高かった(第四航路は西村艦隊の通った「スリガオルート」)

栗田は戦後『決断』の会見記で

『パラワン水道を行かずに、第一航路の西方の南沙諸島をまわれば、
その付近には岩礁が多いので、敵潜水艦が出没せず、安全であることがわかっていました。だが、そうすれば、1日遅れるのです。
その時間がなかったのです』


栗田ぇ…

620: 名無しさん@おーぷん 2018/02/13(火)12:07:13 ID:Y7X
>>567
マジで時間なかったのよ、連合艦隊側が手配したタンカーが1日遅れたせいで。
かと言ってこの日この点だけ見れば連合艦隊側が悪いとも言い切れない。
動員艦隊に比べてタンカーが少なすぎるので。

トラックとパラオで艦隊向けの優秀タンカーを沈められすぎたツケが肝心なところで来ちゃった
福留が全部悪い

630: 名無しさん@おーぷん 2018/02/13(火)12:08:19 ID:q07
>>620
アメリカさんレイテでタンカー40隻以上動員してて羨ましい
10隻ぐらい日本に分けて

645: 名無しさん@おーぷん 2018/02/13(火)12:09:15 ID:Qtq
>>620
今だから個人に悪いって言えるけど
当時の情報網からするとどうしようもなかったと思う。
その情報網で何とかすべきだったと言われると
どうしようもない

670: 名無しさん@おーぷん 2018/02/13(火)12:10:57 ID:HPc
>>645
そもそもあらゆる状況が噛み合った戦争という環境で
何十年も経過してから個人に責任追及したところで
何になるんだってさっきの流れからずっと思っている

650: 名無しさん@おーぷん 2018/02/13(火)12:09:33 ID:o2M
>>620
戦力の一挙投入は戦術の基本だからな
レイテ同時突入できなきゃ意味ないもんな

638: 名無しさん@おーぷん 2018/02/13(火)12:08:38 ID:ofx
パラワン水道の悲劇

・愛宕
愛宕は総員配置につきながら早朝訓練を実施していた
乙字運動後に艦首に1発、続けて中央に2発、遅れて後部に1発の魚雷計4本が命中
愛宕に非常に近く愛宕乗員は誰一人として潜望鏡も雷跡も発見報告できなかった
艦長の荒木伝大佐は被雷後直ちに左舷注水区画などへの注水を命じるが傾斜を止めることはできない

栗田は旗艦変更を決断
駆逐艦岸波、朝霜が駆けつけてくるが
艦の復旧は不可能と判断し総員退艦を指示、栗田ら司令部要員も海に飛び込み泳いで岸波に移乗

・高雄
高雄は直ちに取舵を行い、愛宕に命中しなかった魚雷2本をかわす事に成功
しかしダーターが続けて発射した魚雷4本のうち、艦橋下右舷と後部右舷に魚雷2本が命中
主機械が停止し航行不能となったが火災は発生せず、左舷に注水が行われ傾斜も復元した。
浸水はあったが食い止める事に成功

・摩耶
被雷前に水測員が右舷後方に怪しい音源があるという報告を受け、右舷側に警戒の目がいっていた。ところが左舷側より接近する魚雷を発見。艦長の大江賢治大佐は面舵を指示
しかし
『航海長の独断で取舵一杯』に
しかし魚雷が次々と命中
艦はたちまち左舷に傾斜し副長が防水を下令したが手を尽くすまもなく沈没


摩耶ひどくないですかね…

681: 名無しさん@おーぷん 2018/02/13(火)12:11:50 ID:kNa
>>638
面舵だと当たった時の被害が大きいしこれは仕方のない面もある

689: 名無しさん@おーぷん 2018/02/13(火)12:12:37 ID:xTK
>>681
面舵だと急所にでも当たるのか?

736: 名無しさん@おーぷん 2018/02/13(火)12:16:06 ID:kNa
>>689
魚雷の具体的な角度を知らないけど
左舷からの魚雷が面舵で当たると横っ腹に当たったり舵に当たったりする=推力を失う可能性大
取舵で当たっても(間に合えば)艦首に当たって応急もやりやすいし機能喪失が少ない
結果的に沈んだから悪い判断だったのかもだが合理性がないわけではない

765: 名無しさん@おーぷん 2018/02/13(火)12:17:36 ID:xTK
>>736

no title
https://www.pixiv.net/member_illust.php?mode=medium&illust_id=54605200



835: 名無しさん@おーぷん 2018/02/13(火)12:22:29 ID:q07
>>736
詳しくは無いけど、
零式聴音機が右に怪しい音源探知

被雷面積を減らすため、大江艦長が即座に「両舷前進一杯、面舵一杯」を指示

右回頭中に見張りから「左40度雷跡3本800」と報告
航海長が越権行為を承知で「取舵一杯」を支持

左回頭への惰力が付き始めた頃に魚雷4本命中
だったと思う

858: 名無しさん@おーぷん 2018/02/13(火)12:23:57 ID:kNa
>>835
800じゃ回避は無理よなぁ…
駆逐艦でも怪しい

721: 名無しさん@おーぷん 2018/02/13(火)12:15:25 ID:q07
>>681
パラワンの摩耶は、
右に怪しい音源を探知して面舵中に魚雷3本800!って報告が入ったと思う
800じゃ無理だろうなぁ

690: 名無しさん@おーぷん 2018/02/13(火)12:12:40 ID:c02
>>638
仮に面舵だったならもう少しはマシだったのかね?

709: 名無しさん@おーぷん 2018/02/13(火)12:14:39 ID:Y7X
>>638
片方だけ見ててもう片方から来た魚雷にやられたパターンは
レイテの最初の瑞鶴被雷も同じだったりする
アメリカの航空隊と全く別のところから魚雷が来たので小沢艦隊側は潜水艦だと思ってたらしいんだが、

・米帝側の記録によるとその時にそのあたりに潜水艦は居ない
・当たる直前に目撃した瑞鶴乗員「ヘロヘロで今にも止まりそうな魚雷だった」

…いまの最有力説が「づほ狙って大外しした魚雷が射程ギリギリで当たった」。
瑞鶴には珍しい超不運エピソードである

743: 名無しさん@おーぷん 2018/02/13(火)12:16:37 ID:6So
>>709
おねーちゃん居なくなったから説

762: 名無しさん@おーぷん 2018/02/13(火)12:17:21 ID:wsv
>>709
その時には幸運の女神がもう沈んでたししゃーない

87: 名無しさん@おーぷん 2018/02/13(火)11:24:27 ID:MVe
E1がパラワンか・・・
ここで摩耶のカードを切るのは勇気いるなあ

108: 名無しさん@おーぷん 2018/02/13(火)11:25:58 ID:0oT
>>87
E1ならその辺で拾った摩耶でいいんじゃない?
一隻教は知らん

117: 名無しさん@おーぷん 2018/02/13(火)11:26:50 ID:rmL
案外パラワン水道とシブヤン海の札が共通になったりして

123: 名無しさん@おーぷん 2018/02/13(火)11:27:26 ID:9Tw
>>117
やべぇ…今の今まで札の存在すっかり忘れてたわ…

134: 名無しさん@おーぷん 2018/02/13(火)11:28:26 ID:IR8
>>123

no title


艦これではどういった海域になるのでしょうかね

引用元:http://uni.open2ch.net/test/read.cgi/gameswf/1518486516/