26: 名無しさん@おーぷん 2017/11/12(日)13:22:16 ID:GOp
松輪くらいがドストライクだわ

34: 名無しさん@おーぷん 2017/11/12(日)13:22:42 ID:BYE
>>26
社会的にはアウト

35: 名無しさん@おーぷん 2017/11/12(日)13:22:46 ID:Ntj
>>26
わかる

21: 名無しさん@おーぷん 2017/11/12(日)13:21:56 ID:6Pp
ほんと何であんなダークホースが家具なんかに封印されてたんだろうな

27: 名無しさん@おーぷん 2017/11/12(日)13:22:23 ID:vE8
>>21
封印されしカグゾディア

30: 名無しさん@おーぷん 2017/11/12(日)13:22:31 ID:zOx
>>21
だから封印してたんだろ

32: 名無しさん@おーぷん 2017/11/12(日)13:22:36 ID:sco
>>21
じじが封印を解いたんだろうな

44: 名無しさん@おーぷん 2017/11/12(日)13:23:30 ID:cq9
>>32
同じく地下に幽閉されてたコニシが散歩中に見つけた定期

17: 名無しさん@おーぷん 2017/11/12(日)13:21:47 ID:WZY
次の世界の艦船増刊は日本護衛艦艇史じゃなかったっけ
買おうな!

33: 名無しさん@おーぷん 2017/11/12(日)13:22:38 ID:8jL
>>17
そんなことよりミリタリー・クラシックスのほうがいいぞ。択捉型特集だ。

40: 名無しさん@おーぷん 2017/11/12(日)13:23:18 ID:gbz
>>33
択捉型特集とかヤバイのでは

52: 名無しさん@おーぷん 2017/11/12(日)13:23:58 ID:WZY
>>33
甲型特集じゃないっけ

65: 名無しさん@おーぷん 2017/11/12(日)13:25:01 ID:0hn
>>33
買ったぞ
no title

no title

no title

no title

75: 名無しさん@おーぷん 2017/11/12(日)13:25:44 ID:gbz
>>65
表紙のこち亀ネタで草

80: 名無しさん@おーぷん 2017/11/12(日)13:26:19 ID:xBR
>>65
相変わらずやの……ミリクラ……

87: 名無しさん@おーぷん 2017/11/12(日)13:27:08 ID:ntt
>>65
ミリクラのこの勢い大好き

91: 名無しさん@おーぷん 2017/11/12(日)13:27:17 ID:sAq
>>65
相変わらずでなによりw

93: 名無しさん@おーぷん 2017/11/12(日)13:27:24 ID:zZm
>>65
パッと見硬派なミリタリー雑誌だがネタまみれやんけ!

101: 名無しさん@おーぷん 2017/11/12(日)13:28:03 ID:xBR
>>93
十年以上前からこんな感じやで

112: 名無しさん@おーぷん 2017/11/12(日)13:29:03 ID:zZm
>>101
そういうノリの雑誌なのね

131: 名無しさん@おーぷん 2017/11/12(日)13:31:09 ID:xBR
>>119
完全に淡々と艦艇の解説してるのって世界の艦船じゃなかろうか?

145: 名無しさん@おーぷん 2017/11/12(日)13:32:21 ID:WZY
>>131
かもしれん
傑作軍艦アーカイブのレキシントン級とアイオワ級は実に良かった

136: 名無しさん@おーぷん 2017/11/12(日)13:31:55 ID:8jL
>>119
そこでJ-Shipsですよ!


勢いが凄いですね・・・、

81BmcHaXSbL
MILITARY CLASSICS (ミリタリー・クラシックス) 2017年12月

概要
●巻頭特集
船団を護る海上の盾
甲型海防艦 占守型、択捉型、御蔵型、鵜来型、日振型

日本海軍において、戦前の海防艦は、その名の通り沿岸防衛など任務を任せられた、
第一線を退いた旧式大型艦のことであったが、
太平洋戦争直前に建造された「占守型」もその域を出ず、北方漁業の保護を主目的としていた。
だが大戦が近くなると、海上交通路を航行する輸送船を敵の潜水艦などから
防衛するための護衛艦艇が大量に必要とされることとなり、
占守型をベースに対潜能力を強化した「択捉型」が建造された。
択捉型の対潜能力を高め、さらに対空戦闘力を付与したのが「御蔵型」で、
御蔵型の設計をより簡略化して量産性を高めた「鵜来型」も登場。
さらに鵜来型の船体に御蔵型の兵装を持つ海防艦として建造されたのが「日振型」である。
これらは当初、占守型と択捉型が甲型、御蔵型、鵜来型、日振型が乙型と呼ばれたが、
後にすべてが甲型に分類された。
甲型海防艦は1,000トンにも満たない小柄な艦艇であったが、
御蔵型、鵜来型、日振型は駆逐艦にも勝る対潜・対空戦闘力を持ち、
大戦後半の海上護衛戦の主力として、羊の群れを守る牧羊犬のように実直に戦い抜いた。
今回の特集では彼女ら「島の名」を持つ海防艦たちを、
建造の経緯、メカニズム、各型の相違点、戦術、戦歴など多方面から解説していく。



引用元:http://uni.open2ch.net/test/read.cgi/gameswf/1510459508/