本日2015/12/18(金)から3日間、秋葉原のクラブセガ(新館)にて
艦これアーケードのクリスマスロケーションテストが開催されています
今回は事前抽選ではなく当日の並び順での試遊ということで管理人も参加してきました

プレイ画面などの写真は予め禁止となっているので、プレイしたゲーム内容
当日の並びの様子などを主に文章でお伝えできればと思います


DSCN7773



ロケテスト概要
会場:クラブ セガ 秋葉原 新館 6F http://tempo.sega.jp/am/akiba-new/
東京都千代田区 外神田1-11-11 外神田1丁目ビルディング


営業時間:10:00~23:30
※16歳未満は18時迄、18歳未満は22時迄となります。

ロケーションテスト注意事項
※艦これアーケードをプレイいただくには、Aimeカードが必要となります。
事前にご購入いただきお持ちください。店舗でもAimeカードは販売しております。
第弐回「艦これ」観艦式や雑誌「コンプティーク」などで配布したAimeカードもご利用いただけます。
 ・Aimeとは:https://my-aime.net/aime/jp/p/
※プレイは有料となります。100円硬貨をご準備してください。
※プレイに関しては、プレイ回数制限を設けさせていただきます。当日、スタッフの指示に従ってください。
※当日の状況により、整理券を発行させていただく場合がございます。予めご了承ください。
※店舗およびその店舗周辺では運営スタッフの指示に従ってください。
 指示に従わない場合、参加をお断りさせていただく場合がございます。

詳しくはこちら
艦これアーケード公式サイト - SEGA



ロケテ会場の様子など
DSCN7771

予めクラブセガ(新館)の前にこのような張り紙がしてありました

朝の並びは最も早かった方は7時台から並ばれていたようです
8時台から次第に艦これアーケードロケテ待機列が伸び、整理券配布開始した09:15までに
約150名ほどの提督が並んでいました(折り返しで3列ほど)

中央通り沿いではなく、風の通りが良い路地の方に並ぶことになるので
明日以降参加予定の提督は寒さ対策して並ぶことをオススメします

台数の関係もあり、この人数でも列後半の提督(9時ごろ並びはじめ?)は
夕方~夜の予定時刻に割り振られていました

風営法の関係もあり、16歳未満は18時迄、18歳未満は22時迄という時間制限もありますので
早めにプレイして帰りたいなーと考えている提督は注意が必要な部分だと思います
とはいえ、あまりにも早い時間から並び始めても迷惑になるので気をつけたいところです

~追記(12/19)
12/19(土)2日目のロケテは06:30に待機列が締め切られ
05:30頃に並びはじめの提督の予定時刻割り振りが16時~だったとのことです
整理券の枚数は初日とほぼ同じ枚数だった模様で、200名いかないぐらいの人数で
締め切りだったそうです


DSCN7774のコピー

整理券は紙製のリストバンド方式となっており
こちらに集合時間や体験時間などが記されています
集合時間に遅刻したり、リストバンドを取り外してしまうと無効となります
時間までの暇つぶしに音ゲーなどの手を使う運動をしようと考えていた提督は注意が必要かもしれません


会場はクラブセガの6階、ダーツコーナーを休止して特設会場が作られています
初回の予約制ロケテと違い、観戦可能な大型ディスプレイが2台設置されているオープンタイプです
これらは設置されている筐体と画面がリンクしていました
2台の大型ディスプレイの前は常に人が一杯で、50人程度の提督が常に立ち見している状態でした

艦これアーケード自体は8台設置されており、これらも観戦スペースから遠目で見ることも可能でした
これらは常に整理券持ちの提督とキャンセル待ち抽選を通った提督が消化している状態です


キャンセル待ち抽選について

予定時刻に台に空き時間が出た場合に参加できるシステムで
整理券を持ってない方のみキャンセル待ち抽選の抽選を受けることが可能です
管理人の参加した時間帯は約50名ほどの方が毎回受けていましたが、受かっていたのは
毎時間ごとに3~4人でした
キャンセル待ち状態に入ってもプレイを保証するわけではないという事前説明もあったので
時間帯によってはキャンセル待ち抽選に受かっても実際プレイ出来ない
という状態が発生する場合がありそうです


艦これアーケードの中身とロケテの仕様
プレイにはGPMを購入する必要があり、いわゆる時間を買うタイプのゲームです
ロケテでは100円で300GPM、1秒=1GPMです
予めプレイ前に、ロケテではプレイ開始時の1クレジット+コンティニュー1クレジット制限アリ
という説明書を予め渡されます
なので、ロケテでの最大GPMは600GPMでした

このGPMは減らない時間が場面ごとに設定されており
チュートリアル
母港画面(初回60秒/帰還後15秒)
各種読み込み(建造や開発などのローディング)
出撃中
これらの部分ではGPMは減らない仕様となっていました
管理人はゆっくりチュートリアルも飛ばさず読んでいた為、2クレジット600GPMで30分程度遊んでいました

GPMは消費が始まると1秒につき1減少しますが、それ以外に
出撃時に海域別に設定された固定量を消費するので、
各種GPMが減らない時間が比較的余裕を持って取られているので時間に追われるということはなく
出撃に対するコストというイメージの方が強く感じました

ロケテで選択出来る海域は第1海域の鎮守府海域のみで
鎮守府正面海域(150GPM)と南西諸島沖(200GPM)がGPM総量の関係で限界でした
海域選択は第5海域の南方海域までシルエットがありました

プレイに際して、Aimeか携帯端末を使うことで艦娘入手することが可能となっています
これらがないゲストプレイだと艦娘入手が出来ない仕様だそうです
また建造や出撃による艦娘入手は1クレジット別途必要です
出撃に関しては入手しないという項目もあります

各種操作は画面がタッチパネルになっているので直で操作するということもあり
操作性はすごく良かったです。画面自体の反応もかなり良好でした

ロケテではゲームプレイにも制限があり
建造は1回のみ
開発は出撃ごとに4回
GPMの関係で出撃は最大4回(?)
という仕様でした


ロケテでのプレイの流れ

Aime読み込み
  ↓
1クレジット入れてGPMをチャージ
  ↓
初回なので初期艦選択(ブラゲと同じ)
  ↓
提督名入力
  ↓
チュートリアルスタート
  ↓
通常プレイへ


管理人的に気になった部分
チュートリアル~母港
提督名は変換可能なので漢字も使えます
英字部分に各種記号が沢山入っているので特に名前で困ることはなさそうでした
チュートリアルは初代エラー娘がしてくれます。吊るされた猫はしっぽが嬉しそうに動く仕様でした
建造は各最大999まで入力可能で、開発は同様に300まで入力可能でした
開発はLv1桁の秘書艦で10回やりましたが失敗回数が0だったのでこれも仕様かもしれません
装備は破棄すると家具コインに変換される仕様で12cm単装砲=1家具コインでした
購入というボタンが灰色で押せなかったので、模様替え含めて楽しみな部分です
入渠は完全にお風呂になっていました。入渠させるとカポーンという桶がぶつかるような効果音が鳴ります
入渠時間という概念がないという関係もあり、一括入渠があるのですごく便利です


出撃関連
海域ごとに制限時間が予め割り振られており、1-1では150GPMで3分
1-2では200GPMで4分という作戦時間の制限があります
会敵すると作戦時間の一部が戦闘時間として割り振られ
昼戦で60秒、夜戦突入で30秒作戦時間が必要になります
最序盤の海域では1~2戦で作戦完了する海域が多そうですが、後半は果たして・・・?
50GPM当たり1分貰えていることに加え、各種カットインなどはカウント停止するので
割り振られているGPM分以上に長く遊べます


出撃して会敵するまではのんびり艦娘を操っていますが、戦闘開始後はかなりめまぐるしく進みます

常に敵艦隊との位置関係で交戦形態(T字有利~T字不利)が変わる上、射程の概念の関係で
近距離じゃないと攻撃出来ない小口径主砲の場合、どういうルートで相手に近づくか?
中距離攻撃は可能だが、相手の動きを予測して予め発射しなければいけない雷撃はどこに打つか?
とまだ2種類の攻撃しか持ってない自軍艦隊ですら考えることが沢山あります

敵艦隊の攻撃を避けないと結構痛いです、低Lv駆逐艦ということもあり毎回一撃中破でした
雷撃は直線で来るから舵輪操作して避けなきゃいけないし、砲撃は範囲+着弾まで時間あるとはいえ
距離によって着弾時間も変化し、駆逐艦達だと近距離まで近づく必要があるということもあり
着弾早くてよけにくい・・・!とか
艦隊の速度が7段階あるので、近距離では全速で主砲攻撃と回避に専念
中距離では第三戦速ぐらいにして操作しやすいように・・・みたいな操作を含めた駆け引き
など、色々考えながらプレイ出来るシステムになっていて面白かったです

考えたい部分が多いのですが、艦娘の回避などの進軍操作自体は至ってシンプル
舵輪による左右どちらに進むか?速度をどのぐらい出すか?のみなので
進軍操作を手間取ることはありませんでした


攻撃における操作は複数あります
まず使う装備の切り替え、これは画面上のボタンを押すだけなので簡単です

砲撃は主砲ごとの射程があるのでまず射程内に入ります
主砲による砲撃は艦娘ごとの砲撃ゲージが最大にならないと操作不可能です
砲撃ゲージが溜まっていると自動的に射程内に入ると攻撃準備してくれるので
タイミング良く命中するようにボタンを押すだけです
砲撃操作をミスると夾叉弾という至近弾ではなく完全なミスが生まれます
つまりボタン操作によるアクション性が大事になっています

雷撃は当てにくいですが、直撃でほぼ一撃撃破可能なダメージが出ます
ただし、魚雷数制限があり一度の出撃内で共有なのでどこで使うか考えたほうが良さそうでした
魚雷を装備せず12.7cm連装砲を2個装備させた電さんだけの出撃時で2回雷撃可能で
初期状態で魚雷を装備している朝潮含みで出撃しても2回雷撃可能だったので
装備で雷撃可能回数が増えるというわけではなさそうでした


今はまだ駆逐~軽巡なので操作はそこまで複雑ではないですが
砲撃ゲージが溜まりにくいと予想される戦艦を組み込んだ場合や空母含みなど
装備種類が増えると装備選択や射程管理、ゲージなど気を配る部分が増え
提督の技量が問われる部分になってくるのだろうと容易に想像がつきました


ファミ通などで公開されていた艦娘ごとのスペシャルカットインも1プレイ内で引くことが出来
ボタン連打で相手を撃沈させよ!という内容で、頑張って連打したら
Lv2の電さんが軽巡相手に70ダメージ叩き出していたのはかなり驚きました
この特殊な操作が必要なカットイン以外のダメージはブラゲの方とほぼ同じ計算式かな?と感じました
試しに昼戦中に大破したらその後の攻撃はほぼ1~2ダメージに
大破艦は夜戦で攻撃不能になっていました

夜戦はやはりダメージがしっかり出ます、川内引いてた提督が羨ましかったです

各海域ごとに出撃時ボスS勝利したら追撃戦(100GPM)が可能で
レア艦娘を少ないGPMで入手するチャンスが設けられているのは艦これアーケード独自だと思います


勝利するとブラゲでもよく馴染みある勝利セリフで3Dアクションしつつ喜んでくれます
敗北するとですね・・・艦これアーケードオリジナル撮り下ろしセリフが流れます
電さんの場合、完全に泣いちゃってるのでこれはゾクゾク心に来ますね・・・
曙ちゃんを旗艦にしてD敗北してみたいな・・・とか色々と試してみたくなる独自仕様です

轟沈の仕様説明はチュートリアルに書いてあったのですが、Lvが下がるなどのデメリットが発生する
という記述がありました
せっかくならアーケードでも艦娘達に無理をさせない有能な提督になりたいです


排出カード関連
DSCN7777DSCN7778

排出カード表面&裏面
ロケテ専用カードということで表に表記があります
これが毎回印刷されて出てきているというのはなかなか凄いシステムだなぁと思います


DSCN7780

初期艦+建造1回+出撃3回で合計5枚の艦娘カードを入手することが出来ました
速攻電さんががかぶっていますが、かぶりは同時に読み込むことで艦娘の強化になる
ということなので実質の近代化改修みたいな仕様になっていると思います

読み込み口は50~60枚は入るような大きさなので
1つの艦娘につきかぶり4枚まで強化可能として、1艦隊で30枚と考えるとしっくりくる大きさです
連合艦隊で60枚・・・!
持ち歩きを考えると、2枚前後が限界かもしれないですが今回のプレイではわかりませんでした

また、カードは全て建造or出撃で出るということを考えるとAimeごとにひも付けされている
と予想されますので、余ったカードを他の提督と交換するなどのトレーディング要素は
艦これアーケードをプレイするという上では意味を成さない可能性が高そうです
重ね強化のみ自己排出カードじゃなくても可とかだとトレードしたり
友達から一時的に重ね用を借りたり出来るので嬉しい部分になると思いますが果たして・・・?


約30分があっという間で、最後にアンケートを書いて終わりです
終わった頃には観戦スペースが更に混み合っており、100名近いのではないか?という状況でした



どうしても写真がないので主観的な感想文になってしまっていますが
明日以降ロケテに参加予定の提督やロケテに参加するのが厳しい提督に
大体のイメージが伝われば嬉しいです

あと20クレジットはプレイしたかった管理人でした・・・

思い出しつつ書いているので少しずつ記事を更新しています