北方AL海域、陽動作戦!北方港湾を叩け!のボスである
北方棲姫の持っている黒いのは、当時アメリカに鹵獲された零戦が元ではないか?
という話があったのでちょっと調べてみました
hoppousei_hime_honki




北方棲姫に関わる地域
夏イベントのAL作戦は史実のアリューシャン攻略作戦が元ネタとされていますが
春イベの港湾棲姫の妹的存在と言われているので
おそらく、この作戦で日本軍による空襲を受けた
港湾施設のあるダッチハーバー基地が元ネタの一つだと思われます
また、この基地は零戦を最初に鹵獲(敵の兵器を接収)したことで知られています


最初に鹵獲された零戦 - アクタン・ゼロ
1280px-Akutan_Zero_shipped
写真はアメリカ軍に輸送される「零式艦上戦闘機二一型」

アリューシャン攻略作戦から一ヶ月後の1942年7月10日
アメリカ軍ウィリアム・ティース中尉がPBY カタリナ(哨戒用飛行艇)で
ダッチハーバー基地周辺を哨戒飛行中に迷ってしまい
シュマージン諸島を確認したので、帰投の為に本来通る予定ではなかった
その場所からダッチハーバーの基地に直行するルートを取ったところ
アクタン島の上空を飛行中に「偶然」発見

周辺地図
42dbd376981f313da5ec4ffe667a74ebのコピー

発見された機体はその後、アメリカ本土に移送され
2ヶ月後には飛行可能なほどに復元・修理
発見されたアクタン島にちなんでアクタン・ゼロなどと呼ばれました

真珠湾攻撃以降、防御力が低いということ以外アメリカ軍は零戦について余り分かっておらず
レポートを提出すれば「力学的にありえない」と評価した零戦の詳細を知るために
アメリカ軍はこの機体を徹底的に分析しました

当時の試験飛行の様子など

※アクタン・ゼロ以後の他の地域で鹵獲された零戦も映っているようです

この分析で零戦が優れた旋回性能と上昇性能、航続性能を持つことが確認された一方で
「高速航行時右ロールが鈍くなること、急降下性能が低い(または問題がある)」
という欠点を発見されます
※急降下時の問題の一部はアメリカの誤修理が原因の可能性があります


ここからアメリカ軍は
「零戦とドッグファイト(格闘戦)をしてはならない」
「背後を取れない場合は時速300マイル(約483km)以下で、零戦と戦ってはならない」
「上昇する零戦を追尾してはならない」
という3つの掟をパイロットに教え込むことになりました
※以後、零戦対策には一撃離脱と
 現場で編み出された「サッチウィーブ」という戦法が徹底されました



海軍少将で自身もエースパイロットであったウィリアム・ニコラス・レナード氏はこの零戦について
「鹵獲したゼロは宝物だった。私の知る限りその必要性が非常に差し迫っている時に、
これほど多くの秘密を解き明かした鹵獲兵器は他にない」

と語り、この分析結果で命拾いしたと話しています



鹵獲された零戦はどこから来たのか?
この零戦21型はアリューシャン攻略作戦で
航空母艦「龍驤」からダッチハーバー基地を空襲するために発艦した零戦の一つ
ダッチハーバー攻撃時に、対空砲火が命中し損傷したとされています

損傷は軽微ですぐに墜落に心配はなかったものの、周辺への不時着を余儀なくされ
アクタン島の草原地帯に目をつけて、着陸態勢に・・・

しかし、着陸に適していると思われた草原地帯は、実は水に濡れた沼地
着陸態勢に入った零戦は脚が水とぬかるみにはまり
機体はひっくり返り、滑りながら停止

こんな感じだったそうです

北方棲姫が持ってる零戦のお話。「艦これ軍事読本03」掲載。
png largepng large

https://twitter.com/WadatumiG/status/498765112090435584


回収時の写真
AkutanZero1

この機体の不時着を一緒に空母「龍驤」から発艦していた僚機は確認していたらしいですが
パイロットは生死不明とはいえ、生きている可能性を捨てきれなかったため
この零戦を破壊することが出来ず

部隊は最終的に零戦を破壊せずに帰投することを決めました
(その後も救出の為に潜水艦で限界まで探し続けたそうです)

着地の衝撃でパイロットだった古賀一飛曹は即死
もしくは反転した操縦席への浸水で溺死とみられています

アメリカ軍が零戦を回収する際に簡単な埋葬はされたそうですが
後に遺体は日本に移送され千鳥ケ淵戦没者墓苑に埋葬されました



アクタン・ゼロ - Wikipedia
零式艦上戦闘機 - Wikipedia
William_N._Leonard - Wikipedia


アクタン・ゼロは最終的に訓練中の事故で僚機と衝突して大破
機体の一部は前述のレイナード氏などによって回収されて博物館に寄贈されています

もし不時着時に機体が大破していたら、それとも着陸に成功していたら、
僚機が古賀機を破壊していたら、アメリカの哨戒機が迷わずに通常のルートを飛行していたら
いろいろなifを考えてしまいますね