新しいビットマップ イメージ

ビートたけしや元プロ野球選手の清原和博ら有名人のテレビCMで
急激に知名度を高めている企業グループ、DMM(ディーエムエム)。
だが、その企業名の浸透とは裏腹に、手がけるビジネスを正確に知る者は少ない。
AKB48の劇場公演映像の配信、外国為替証拠金(FX)取引、
人気ゲーム「艦隊これくしょん」、3Dプリンター、太陽光発電――。
脈絡のないように見える事業を同時展開し急成長するDMMの実態と、
その経営トッ・・・

全文はコチラ
※無料の会員登録で月10件まで記事を閲覧出来ます

「艦隊これくしょん -艦これ-」でお馴染みの株式会社DMM.comですが
2013年のグループ売上げは1200億円に上り
※株式会社DMM.comの2013年売上げは377億円
およそ1割(120億円前後?)がデジタルコンテンツ(コンテンツ配信やゲーム事業)
艦これは開発費5000万円、売上が70億円なので半分以上を占めるようです
管理人が調べられる限りですがソーシャルゲーム会社の売上等を調べてみました

09ad97bdf9c8063a99e497dedb3926d7


DeNA
売上げ:2024億円
課金売上げ:1781億円(課金収入割合88%)
ユーザー:4955万人
1人当たりの課金額:3594.59円
(2013年3月末)

GREE
売上げ:1522億円
課金売上げ:1400億円(課金収入割合92%)
ユーザー:4080万人
1人当たりの課金額:3431.96円
(2013年3月末)

mixi
売上げ:126億円
課金売上げ:68億円(課金収入割合54%)
ユーザー:1016万人
1人当たりの課金額:669.98円
(2013年3月末)

DMM.comの艦これ
売上げ:70億円
ユーザー:200万人
1人当たりの課金額:3500円
(2013年中?)


売上割合が分からなかったので一覧には入れませんでしたが
パズドラのガンホーは売上が258億円(2012年12月末)、LINEは259億円(2012年12月末)でした

ソーシャルゲーム業界トップのDeNAが運営するモバゲーや2位のGREEには
売上では及びませんが、おおよその1人当たりの課金額では同じくらい?のように見えます




DeNAやGREEはゲーム事業以外の売上を伸ばそうとしているようですが
ゲーム事業が売上の1割ほどのDMM.comはまだまだ伸び代があるように思います
mixi復活の起爆剤と言われるモンスターストライクのように
どこから新しい芽が出るか分からないので、調べると面白いですね

ガンホーの森下社長がヒットの方程式を「やっぱ、ない」と言ったように
理屈でどうにかなる部分ではないのでしょうね

関連記事
【艦これ】艦これ大ヒットの秘密、DMM松栄社長への直撃インタビューに注目!
【艦これ】「全部999で回してたから、あっという間に資材が尽きた」 DMM松永社長への「艦これ」直撃インタビュー後編
【艦これ】来週のアプデで180万記念掛け軸が配布! 他AMDアワード受賞式、受賞スピーチやPVなど

外部サイト関連記事
『艦これ』で急上昇! 新たなゲームプラットフォーム“DMMゲームズ”の秘密に迫る!【インタビュー】