英国の女性ダイバーがトラック諸島礁湖にて貴重な写真を撮影した。
トラック諸島周辺は第二次大戦中に60隻以上の艦船が沈没し、現在ではダイビングスポットになっている。
今回撮影された中には未使用の弾薬、石油タンク等の他に戦時中の新聞のような日常用品も含まれている。

article-0-1B8AF2DE00000578-254_964x872
海底に沈む弾薬

チューク諸島(チュークしょとう、Chuuk Islands)は
西太平洋、カロリン諸島の島。周囲200km、248もの島々からなる世界最大級の堡礁であり、
現在ミクロネシア連邦のチューク州の州都でもある。主島はチューク環礁。
かつてはトラック諸島 (Truk Islands) と呼ばれていた。

チューク諸島 - Wikipedia


article-2560772-1B8AF3C300000578-142_964x665


article-0-1B8AF59300000578-818_964x881



article-2560772-1B8AF39B00000578-342_964x682




article-2560772-1B8AF5DF00000578-177_470x588




article-2560772-1B8AF38300000578-190_470x588




article-2560772-1B8AF2F300000578-241_964x848


潜水動画



引用元:
http://www.dailymail.co.uk/news/article-2560772/Chuuk-Lagoon-photos-Haunting-underwater-World-War-II-artefacts-ship-graveyard-captured-British-photographer.html
(リンク先英語ページ、一部人骨などの画像があるので注意)


ダイバーの女性はこの場所を「今まで潜った中で最も恐ろしい場所の一つ」と表現しています
どれも綺麗な状態で残っていますが、なんだか悲しい気持ちにさせられますね・・・