otapol_6651_0-small


昨年2013年も実に多くの作品が製作され、話題を呼んだ日本のアニメ業界。
年始早々ではあるが、13年の特徴的な動向を踏まえ、
今年14年にアニメ業界のキーとなるであろうポイントについて、
私見を交えてつつ考察してみたい。


■官民共同で進める聖地巡礼プロジェクトは成功できるのか?
さて、こうした聖地巡礼などの地域密着型アニメ産業の振興は、
ソフト販売やグッズのマーチャンダイジングに次ぐ新たなビジネスモデルとして注目され、
企業や地方自治体も積極的に活用する動きが多くなってきた。
 聖地巡礼観光事業で成功している例は、
最近では『ガールズ&パンツァー』の舞台となった茨城県大洗町が挙げられる。
同市で開かれたあんこう祭の来場者は、
11年には3万人、12年は6万人だったのに対し、
13年は過去最多の約10万人に上ったと報じられた。

また、13年4月上旬には
政府のクールジャパン推進会議・ポップカルチャー分科会では、

沖縄や京都を「国際ポップカルチャー特区」に認定
こうし た特区内ではアニメ・マンガの製作やキャラクター商品の制作に当たる企業に
税制面で優遇できないかを検討していることが報じられた。
実現すれば制作会社や クリエイターの地元勧誘が激しくなると予想される。
都市圏に比べ、新興の産業がどうしても振るわないという悩みを恒常的に抱えている地方にとって、
アニメ コンテンツは救世主に見える面もあるのではないか。


ただ、聖地巡礼による地域活性は必ずしもすべて成功していると言えないという。
大洗市の海開きに合わせて、同市主催の『ガールズ&パンツァー』のイベントを行ったのですが、
その際に展示用として自衛隊に戦車などの派遣を要請したことが『いかがなのものか』と、
一部で物議をかもしたと言われています。



下馬評では、14年度中のアニメ化が発表されている
『艦隊これくしょん』が次の台風の目玉と言われています。

今のところブラウザゲームでも大人気のコンテンツですが、
ゲーム中に登場する鎮守府サーバ(帰港地のような存在)がアニメにも登場するのは、
おそらく間違いない。この鎮守府サーバについて、
日本国内では横須賀・呉・佐世保・舞鶴・大湊に設定されており、
いずれか劇中に登場すればファンがどっと押し寄せるだろうと予想されていますね



引用元:楽天Woman様


今も呉市の大和ミュージアムや横須賀の三笠公園に行く人も多いので
アニメが始まったら更に増えそうですね